読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんぼうライフ@

まんぼうママとアトピーっ子のリアルな日常

アトピーと食物アレルギー

今日は、子供の事を少し書きたいと思います。


我が子は重度のアトピーに、食物アレルギー、動物アレルギー・・・

とにかく、世間ではアレルギー体質って言われる、アレルギーっ子です。


なんかおかしいな〜と感じたのが4ヶ月頃でしょうか?病院に行ったら、ステロイド軟膏を処方されました。

まだ検査は早いからと言われ、初めて血液検査をしたのは6ヶ月だったかな。今でも、縛られて大泣きする

我が子を覚えてます。検査結果は、卵、牛乳、小麦NG。

今、振り返れば、何も知識ない所からのスタート。アトピー?食物アレルギー?ステロイド軟膏を塗って大丈夫なん?私が妊娠中にいけなかったんかな?ごめんね?とか。


そこから、戦争のような子育てが始まったのでした。病院は、小学校に上がるまでに9カ所、行きました。


食事療法で有名な所には子供が2歳頃まで1年半通いました。その時は、卵、小麦、牛乳、米、甲殻類、そば等を完全除去していたので、よくサツマイモを食べさせていました。油も控えなきゃいけなくて、えごま油を使ったりしてたな〜。


2歳頃から小学校に上がる半年前までは、ステロイドを使いたくなくて、脱ステロイドの病院に、広島、大阪、熊本に行きました。広島は月1回を2年くらい通いました。乾燥させるのに、お風呂に入らない療法とかもしました。色々・・・。


幼稚園の先生方が、私の方針を理解して下さり、何も言わず協力して下さったので救われました。


外を歩くと振り向かれるくらい、状態は酷く。これまた、知らないおばちゃんが、『まぁ、かわいそうに』と捨て台詞を吐いて、去って行くのに、何度か『かわいそうじゃない!頑張ってるね!でしょっ』って心の中で泣きました。

今、あの時の写真をみると、『かわいそうにっ』って言うよね〜って思えるんですが〔笑〕


とにかく、治したい!治る!小さい時が勝負!って必死で、自分でネットで調べて、良いと言われる物は色々としました。


子育て広場でも、幼稚園でも、プールに入れなかったりして、他の子とおやつがちがったり、夏でも長袖だったり、小さいながらに子供も辛かったと思います。


毎日、夜中に痒くて搔きむしるから、シーツは血だらけ。夜中ずっと、さすり続ける毎日が小学校前まで続きました。私も、体調が悪くて、子供を抱きしめて、ワンワン泣いて〔起きない旦那を憎んで・・・〕、変な事まで考えて、掻くのを止めない我が子を叩いたりもしてしまいました。子供が悪い訳じゃないのに。辛いのはこの子なのに・・・


思い出したら泣けてきた(>人<;)


このブログを書く事で、色々思い出します。

読んで下さり、ありがとうございました。