読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんぼうライフ@

まんぼうママとアトピーっ子のリアルな日常

早川ユミさんのお話会

先日、早川ユミさんの貴重なお話

会に参加させて頂きました。


私が早川ユミさんを知ったのは、近

くの自然食品のお店で目にした


【からだの〜と】

f:id:manbou40:20170413212734j:plain

という本でした。




すっごく、可愛いイラストと共に、

ユミさんが取り入れられている呼吸

法や老子法等が分かりやすく紹

介されていて、私も実践したと購

入しました


そこから、早川ユミさんが、高知の

山で自然と寄り添いながら暮らされ

ている方で布作家さんだと知りまし

た。


この度、ご本人とお逢い出来て、お

話しも出来て、なんとも贅沢な幸せ

な時間した。


【からだ育てのレッスン】という事

で、からだの〜とにも書かれている

呼吸法など教わりました。


実際に、伝授して頂くと、分かりやすい〜。



ゆみさんのお話しの中で、


【昔は家庭は生産する場だったが、

は、消費する場になっている】


というお言葉がありました。


確かに、昔の方は、家で何でも手作

りしていました。


私も、田舎の農家で育ちました。

祖父母が生きてた時は親戚やご近所の方と大量にお味噌を作ったり、年末にはお餅をついたりしていました。

蔵があり、あそこにあったのは、糀だったのかと大人になって分かりました。畑でお米や数々の野菜を作り、梅干や沢のお漬物がありました。

お米作りも種まきから収穫後の乾燥までしていました。

藁でしめ縄を作りました。おばあちゃんに、編み物を教わりました。


小さい時は、お手伝いが楽しく、ブ

ロッコリーの箱詰めが上手だと褒め

て貰え嬉しかった。


山や海が近くにあり、勝手に遊び回

って育ちました。


今、祖父母は他界し、両親は同じように家の畑で自分が食べる野菜を育て、加工品を作生活しています。時給自足。頭が下がります。


私が育った環境は、まさに生産の場

でした。


親になり、恵まれていた事に

っと気付きました。


そして、早川ユミさんのお話しを聞

いて、私も少しづつ家の生産を増や

していけるようにしたいと、改めて

思ったのでした。


そこで、新学期は、手縫いで雑巾を持たせました!!


ユミさんに教えて頂いた呼吸法も、自分の健康法の一つになりそうです。


そして、皆さんも、自分の身体と対話して、

労わり大切にしましょうね。



早川ユミさんの本はこちら

⇩⇩⇩

からだのーと